さぽろぐ

  写真・芸術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2012年12月02日

今日はばんえい×アイマス1周年

今日のばんえい競馬は1~8レースがゲームの「アイドルマスター(アイマス)」「アイドルマスターモバイル」のファンの方々による協賛レースです。
違う畑のファンの方々が、帯広競馬場で楽しんでくれるというのはものすごく、うれしいです。

昨年のオークスの日も、アイマスとコラボし、協賛レースが9レースありました。
それについて、昨年12月netkeibaの携帯サイト「競馬甲子園」で記事を書きました。紹介になればと思い、一部を今回、転載します。
(年齢、勝ち馬などはすべて去年のものです。)

「アイドルマスター」は、プレイヤーが芸能プロデューサー(P)になってアイドルを育てるゲーム。それぞれのアイドルキャラクターが人気のようです。双子の「亜美と真美」が歌う曲の「溶かし尽くして」という歌詞が舌っ足らずに「とかちつくちて」と聞こえるというつながりで、帯広のある十勝が注目されていたようです。ばんえいでも2007年、2010年にファンによる個人協賛レースが行われました。今年「リアル765プロ企画」というアイマスの現実イベント企画がスタートしたことを、この時のファンから紹介され、今回のイベントにつながったそうです。
私は行けなかったのですが、ここでは紹介しきれないほどの本気で、アイマスファンから「公式が病気」という褒め言葉が届くほど。競馬場ととかちむらにはキャラクターのイラストがあふれ、この日ばかりはアナウンスや音楽がゲーム仕様。スタッフも、企画から送られてきたコスプレ衣装でファンを出迎えました。

さすが、と思わせてくれたのが実況の井馬博アナウンサー(63)。スタッフが「できれば10Rで『とかちつくちて』と入れていただけたら…」と低頭に話をもちかけたところ、さすがに最初は困惑した表情だったそうですが、「それで盛り上がるのならぜひ協力しましょう」。しかし、突然2レースのゴール後「ブルーパワー(勝ち馬)でとかちつくちてー!」と絶叫。驚いたスタッフが「すいません、10Rだけでいいんです…」と飛んでいったそうです(笑)。
その10レースは「アイドルマスター記念」。偶然?にも、今年ばんえい記念を勝った年度代表馬カネサブラックが出走するなど好メンバーでした。そしてゴール前は井馬さんが「カネサブラックでとかちつくちてー!!!」びっくり、爆笑でした。表彰式の松田騎手もうれしそうでした。

この本気に合わせたように、4R「いつまでもいっぱい魔法をかけて」では、ばんえい初の特払い。6Rの「真(まこと)冬の十勝でドッキドキだよぉ杯」の主役?は菊地真というキャラだそうですが、勝ったのは菊池一樹騎手。「7と2」や「765」など、ゲーム関係する数字が上位入線するなど、不思議と多くのファンを盛り上げる結果になりました。また、スタッフのコスプレ衣装はそれぞれが好きなものを選んだそうですが、この日のメイン、オークスで誘導馬に騎乗した厩務員の女性が選んだのはお姫様キャラ「四条貴音」。馬に乗った姿はファンにとってジャストミートだったらしく、写真撮影にファンが大集合。誘導を終えて戻ってきたときには拍手が起こったそうです。偶然が引き寄せられていますね。

このようなイベントが行われた時に「それでも売り上げに直結してないじゃん」という話になります。しかし、大幅とはいわなくても、この日の売り上げは前の週よりアップ。8Rの「やよい賞」で8→4→1が一番人気だったことからも、オッズを動かすくらいみんな買っていたのだと思います。このイベントがなければばんえいに触れることのなかった人たちが、知るきっかけになったのですから、予想以上の成功だったと思います。今年入社した新人広報君がアイマスファンだったというのも大きかったでしょう。アイマス企画側に、競馬場でこのようなイベントが可能なんだ、と思わせたことも大きな貢献だったと思います。アイマスを知らなかった私も新しい世界に触れることができましたし、お互いがプラスになる企画は気持ちもいいですね。

去年クリスマスの時に思いました。競馬場に行くと、もぎりのお姉さんも、売り場のお姉さんもスタッフも、社長も、リッキー&ミルキーも、そして解説の太田アナウンサーと定政・木元両記者までがサンタの格好。「やるんならとことんやる」。楽しむならみんなで楽しもう、という姿勢には拍手を送りたいです。やってる方が楽しそうだと、こっちも楽しくなり、笑顔が増えて、福がやってくるんだと思うんです。
「やらなかったら0でしかないところにプラスを持ち込む」のだと聞きました。そのプラスはまだ小さくみえますが、今後ものすごく大きくなる、そう信じています。
  
Posted by ゆか at 12:28Comments(0)おしらせ

2012年06月16日

写真展協賛レース

3~4月に、府中のCafeあおばさんで写真展を開催させていただきました。その時の写真の売上で本日16日(土)の3R、4Rで協賛レースを行うことになりましたので、ご注目いただければと思います。
3Rは3:30発走
4Rは4:00発走です。


パソコンの調子が悪くてあまり書き込めません…すいません  
Posted by ゆか at 07:06Comments(0)おしらせ

2011年11月12日

ばんえいを見に来た方へ

突然ですが、せっかく帯広人として少しの間過ごし、お店とかにも詳しくなったので、
ばんえいを見に帯広に来た方にもっと楽しんでいただければ、と私の独断と偏見で帯広メモをまとめました。
まだまだ未完成ですが、ちょっとでも参考になれば。
ばんえいを見に来た方へ  
Posted by ゆか at 22:38Comments(3)おしらせ

2011年05月01日

岩馬るべ!東北プロジェクトについて

取り急ぎ、ご連絡です。

東日本大震災の影響で、競馬界もさまざまな影響を受けていますが、その中で、岩手競馬にも被害が発生しています。
5月14日からの開催がつい先日決定しましたが、水沢競馬場はスタンドの復旧に時間がかかるため、今年度は盛岡競馬場のみでの開催。
場外発売所も、テレトラック釜石は津波で壊滅状態となり再建はせず。(写真をアップされている方がいました)
テレトラック宮古も浸水し、営業を見合わせるそうです。

開催が決まっても、今後を心配して馬を移動させる馬主さんや、将来を案じて岩手を離れた競馬関係者もいるかもしれない。
でも、岩手では自分たちの競馬を守ろうと、頑張られている方がたくさんいます。

私は競馬ファンとして、そのような人たちを応援したい。
特に岩手は、ばんえいとほぼ同時期に存廃問題を乗り越えてきたこともあり、勝手に仲間意識を持っています。
岩手競馬ファンの方々は、ばんえいをいつも応援して下さっていますし、
なにより、地方競馬ファンはお互い存続できるよう、支援しあっていきたい…と思います。

岩手競馬が好きな人・愛する人・応援したい人などの有志が集まり、岩手競馬を通じて東北を元気に盛り上げる事を主目的とした任意団体「岩馬るべ!(がんばるべ)東北プロジェクト」が発足しています。
岩馬るべ!(がんばるべ)東北プロジェクト」ブログ
FacebookTwittermixi

5月1日・2日は帯広競馬場でも応援署名を集めています。KIZUNAの横あたりです
開催も決まったし、ちょっと署名の意図が見えにくいと感じる方もいらっしゃると思いますが、
「これだけ全国には岩手競馬を応援している人がいるんだ!」というのを知事や県議員さんなどにアピールすることが目的と考えます。
ばんえい存廃問題の時にも思った「やれることはなんでもやる」。
そのような危機感をプロジェクトの方々は持ち、長く岩手競馬が続いていくようにと頑張られています。
署名用紙はダウンロードも可能です。
リンク→岩手競馬応援の署名にご協力お願いします。

岩手競馬の応援に、ご協力お願い致します。  
Posted by ゆか at 22:57Comments(0)おしらせ

2010年11月08日

2011年ばんえいカレンダー発売のお知らせ

もう11月。来年のスケジュール表やカレンダーを用意する時期になりました。
いろいろなところでニュースにもなっていますが、今、太田宏昭さんの写真によるステキなばんえいカレンダーが発売中です。

太田さんは今年、ばんえいの写真展を開催されました。馬が大好きで、一頭一頭への想いが写真からも伝わってきます。 →太田さんのサイト

カレンダーの全作品は、ここから見られます。
私が特に好きなのは2月、お母さんとなったアンローズが出産前に運動している写真。
一緒に走るわけにいかないから、重機につないで運動しているんですねー。ばん馬らしいです。
幸せな日々を送る、ばん馬の親子。
「ばんえいを応援しよう」という、たくさんの人からの愛情を受けているシルクタロー。
今はもう見ることのできない、ミサイルテンリュウやボンバイエの競馬場での姿。

そして、太田さんの写真はもちろん、印刷デザイナーでこのカレンダーの企画者である、@hakubaojiさんのセンスが素晴らしい。とてもステキに仕上がっているんです。

この企画は関東でばんえいイベントがあった時に、とかち馬文化を支える会東京支部の会合(…といっても、ばんえいファンが集まっておしゃべりする、楽しい会です。参加者募集中~)で2人が会って実現したもの。
ばんえいファンが、それぞれ自分の得意分野でまた、外へ外へとばんえいの輪が広がって行くのを目の当たりにしました。

帯広競馬場リッキーハウスやインターネットはもちろん。
大井や川崎の地方競馬場、JRA競馬場やWINSでも!! 発売されています。JRAでばんえいのグッズを扱うのは初めてだとか。
お値段は1500円。売上の一部はばんえい支援に役立てられます。
ご自身ではもちろん、さりげなく会社に置いて「キレイ」と言わせてそのままばんえいファンにしてみるとか、いろいろとやってみてください(笑)
オススメですー!!!

【インターネット販売】 北海道に近い方はばんばショップが、関東に近い方は賢工製版さんがいいかも?
・ばんばショップ http://www.banbashop.com/
 予約サイトはこちら→ http://www.banbashop.com/?pid=24260286
・株式会社賢工製版 http://www.ken-ko.co.jp/

帯広競馬場など、北海道内に置かれているチラシをダウンロードできますので、
たくさん印刷して周りに配ったり推奨(笑)
ファイルはこちら(PDF)

【販売場所】
帯広競馬場リッキーハウス
大井競馬場 L-WING Champions TCK・川崎競馬場
JRA福島競馬場・小倉競馬場・新潟競馬場・中山競馬場・東京競馬場・中京競馬場・京都競馬場
ウインズ札幌・ウインズ後楽園・ウインズ横浜・ウインズ名古屋・ウインズ広島・ウインズ錦糸町・ウインズ米子・ウインズ汐留・ゲートJ新橋・ゲートJ梅田  
Posted by ゆか at 19:44Comments(4)おしらせ