さぽろぐ

  写真・芸術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2008年05月05日

ソリの走った跡は

スコップ!
能検のレースが終わったあとは急いでコースをきれいにしなくてはいけません。
次のレースまでの時間も短いですし、競走中止する馬も多いためそりや人、馬が違う方向に砂を掘ってしまったり…
スコップを使っています。
ちなみに、この時のそりを運んでいます。
8Rブリリアント座りこむ。

違うレースですが、このような風景も。
みんなで助けに行きます。
ちかれた…尾ヶ瀬厩舎集合
そりを外したら元気!
23Rキンタワー

音更の十勝牧場にはいろいろな馬がいます。在来馬もいますが、宮古馬の赤ちゃんの写真が勝毎に出ていました。
在来馬たちも、日本の農耕文化を支えた歴史のある馬たちです。

帯広競馬場にペットが入れなくなっちゃうんですね…
繊細なサラブレッドはちょっとした動きでも気にしますので、もともとペットは入れませんが、ばん馬はサラよりはのんびりしているからなのか、ペットが入れるということでその違いがばんえいらしくて好きだったのですが…
ナイター、2歳馬、インフルエンザといろんな状況から難しくなってしまったのでしょうか…正直残念ですが、仕方がないのもわかる気がしますし。今日も傘を振ってる方を見かけましたが、びっくりするし、レース中だと支障が出てしまいますので気をつけた方がいいですね。
それでも今後、何かいい方法で、帯広競馬場がいろんな動物の集まる場所になれば…と思います。

馬が少なくなっているのはばん馬だけではありません。様々な馬文化の場所で馬は減少化の一途をたどっています。
河北新報 チャグチャグ馬コ寂し… 参加頭数年々減少
チャグチャグ馬コの馬は、能検を落ちたり、引退したばん馬が多く使われています。  
Posted by ゆか at 16:52Comments(3)2008春