さぽろぐ

  写真・芸術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2007年03月19日

ドラマチック

かわいいドラマチック
結んだ前髪がチャームポイントのドラマチックです。
ドラマチックは今私がいちばんかわいい馬だと思っているのですが、金山厩舎ということでにっぽん紀行にもいっぱい出ていましたね。ということで写真を探してみたら、昨日の主役を発見しました。

にっぽん紀行は、厩務員の若者を追ったドキュメンタリーでした。
存廃論議とこれからの生活を追ったものかと思ったらそうではなく、ばんえい競馬の日常を追ったということが逆に新鮮に感じました。
動物が大好きな金山厩舎の厩務員さんと、担当馬ビッグファイヤー。連勝中の期待馬ですがなかなかやんちゃです。
レース前に馬をむにゅむにゅして遊んだり、馬がちょっかいを出しても怒ることをしなかったり…先輩厩務員さんがそれを厳しく注意し、遠くから金山調教師が見守る。そんな中、少しずつ厩務員としての自覚を感じて成長していく…
ばんえいを舞台としたドラマのようでした。

今までばんえいのドキュメンタリーを見るときは、存続だとかいろいろなことが頭をよぎって、緊張しながら見ていた気がします。
でもこの番組は心が暖かくなりました。
ここのところばんえいの応援に力が入りすぎていた気がします。もっと力を抜いて楽しまないとな。

みんなでご飯を食べる(金山先生が作る)シーンなど、細部にわたってばんえい社会らしさが描かれていてよかった~。リッキーの綱引きシーンもありました!金山先生のすごさをもっと紹介してほしかったなーとちょっと思ったり。
先輩厩務員さんはサダエリコの担当の方ですね?エリコもきつそうだから、この方じゃないとだめなんだろうなー。
調教で、真面目に歩かないビッグファイヤーをしかるシーンがあります。
馬が大好きだからこそこのように厳しくしつける必要があるということを、とてもうまく表現していたような気がします。

最後の「立ち止まりながら障害を乗り越えていく」。
ばんえいは、それをこんなにもわかりやすく、強く教えてくれるんだ。

さすがばんえい!他にもドラマやドキュメンタリーの題材にどうっすか!笑  
Posted by ゆか at 21:54Comments(4)帯広競馬場・2007

2007年03月19日

2000年度ばんえい記念・サカノタイソン

西邑春夫調教師おめでとうございます
先日西邑春夫調教師が1000勝を達成いたしました!ぱちぱちぱち…
ということで、サカノタイソン。2001年2月18日のものです。
この時代はネガ!しかも傷ついてる…

先日片付けをしていたら昔の写真を見つけたのでばんえいだけは別にしておいたつもりなんですが、それがどこか忘れてしまい、ばんえい記念もタイソンがゴールした後の写真しかない(^_^;)
どこにいったんだ~(^_^;) ちょっと探す時間がないので、開催のない4月にでも見つけてアップしよう…

今日の出馬表!

最後の開催の出走予定がでましたよ~

そしてばんえい記念の出走予定馬も発表になりました!帯広に行く方は前の日は前夜祭で情報をゲットしましょう(^o^)

でも出ると聞いていた馬がいなかったり、出ないと聞いていた馬の名前があったり…
ばんえい記念情報があったら教えてください…

昨日のにっぽん紀行見ましたかっ!? すごいいい番組じゃなかったです?私かなり好きですっ!金山厩舎だったからじゃないですよっ!
廃止は免れたが今もどうの…っていうんじゃなくて、普通のばんえいの社会をわかりやすく表現していて…
人と馬のキャラがたっていて、わかりやすくてよかったなぁーー。
あう、しかしエリコーーー。エリコに逢いたいよ~~~(;_;) 結果を出せない…という寂しい紹介のされかただった…
金山調教師も厳しい表情ぶりがチョイ不良でほれぼれしていましたが、ここ最近テレビに出る金山先生は柔和な表情が多いですねー。

時間がないので感想などはまた…
ところで松田騎手と恵介騎手はどうしちゃったんでしょう(;_;)  
Posted by ゆか at 08:11Comments(6)帯広競馬場・2007